[PR] 不動産担保ローン
春うらら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ひろせの  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

喜多嶋舞の歴史

喜多嶋舞は、1960年代から70年代初めにかけて活躍した女優・内藤洋子と音楽プロデューサーの喜多嶋修の娘として神奈川県茅ヶ崎市で生まれ、アメリカ・カリフォルニア州で育ちました。喜多嶋舞は1986年に奥田瑛二と共演したフジフィルムのコンパクトカメラ「ニューカルディア」のCMでデビューしました。当時若干14歳ながら母・洋子譲りの美貌で一躍注目を浴び、後藤久美子と列んで当時の芸能界に巻き起こった美少女ブームの一翼を担う存在だったんですね。やっぱり当時から大物っぷりを発揮していたってことなんでしょう。喜多嶋舞は1988年に父・修がプロデュースしたシングル『Wisper』で歌手デビューし、それがフジテレビで挿入歌となった主演ドラマ『ときめきざかり』やNHK大河ドラマ『春日局』などに出演して女優活動を開始しました。芸能界の王道ってやつですね。女優業から歌手活動、もしくは歌手から女優へ転向など。喜多嶋舞もその例外ではなく女優から歌手への華麗な転向を遂げたんですね。喜多嶋舞はまた、テレビ朝日系の若者向け情報番組『はなきんデータランド』に帰国子女のキャラクターを活かして出演する一方、1990年代に入ってからは単なるアイドル女優から脱皮して、時代劇への出演や現代劇でも悪女役などに挑戦するなど女優としての幅を広げました。この頃になってくると、女優としての喜多嶋舞の地位がかなり確立されたものになってきます。喜多嶋舞の魅力がかなり開花したってことだと思います。喜多嶋舞は1988年にテレビドラマ『ワイルドで行こう!』芸能界っていうのは結婚と離婚がホントにおおいですよねぇ。喜多嶋舞は2007年に写真集の仕事で知り合った男性と結婚しています。このあたりから喜多嶋舞の破天荒っぷりをうかがうことができます。こういうケースで大沢樹生との子供はどこへいってるんでしょうね。

スポンサーサイト
by ひろせの  at 15:26 |  雑記 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア
[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
最新リンク
脚痩せ
最近のエントリ
月別アーカイブ
カテゴリ
最近のトラックバック
お気に入りに追加
My Yahoo!に追加

Add to Google

フィードメーター - HSニュース
ブログランキング
kutsulog

BlogRanking

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

  • seo


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。